Q. 建築家に設計を頼むと設計料分が余計にかかるのでは?
Q. 建築家の設計料や監理料ってどのぐらいかかるの?
 

よく聞かれる質問です。どんな建物でも設計図がなければ建ちませんし、そのためには必ず費用が発生します。建築家に依頼すると余計に費用がかかるというイメージは、設計に要する費用を見積書に項目として記載せず、サービスなどと言って営業をする悪質な建設会社がいるためです。

多くの建設会社やハウスメーカーは工事契約までは設計費用を請求しませんので、ユーザーにとっては気楽に営業の話に乗れるわけです。でも、そのかわり初期の概略設計の段階で工事の契約をしなければなりません。建設会社にとっては営業の段階で多くの設計費用はかけられませんので当然の事です。そのために、具体的な設計ができてないのに金額を決めて工事契約をしてしまい、あとから具体的な事を詰めるというおかしな手順になるのです。

建築家の設計料や監理料は、そのほとんどがそれに要する人件費です。ですから、手間のかかり具合によって金額が決まります。住宅の場合、目安として工事費の10〜12%ぐらい、また、工事費が2億とか3億とかいった規模では5〜8%ぐらいになるでしょうか。また、オフィスビルなどは住宅に較べて手間がかかりませんので料金は低くなります。医療施設などは住宅と同じぐらいに手間がかかります。

 
Q&Aのトップに戻る